• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

ラグビーワールドカップを楽しもう!!

2019年9月25日 / エンジョイ!シニアライフ

暑さもやっと落ち着き過ごしやすい季節になりました。

秋のお片付けもおすすめしたいところですが

お掃除の手を止めてでも、今見るべきは・・・

ラグビー!!!です!

 

ニュースで騒がしいのは知っているけど大会やってるんでしょ、くらいに思っていらっしゃる方、、、

もったいないです!

 

今回は、今まさに日本で開催中のラグビーワールドカップについてお伝えします!

 

 

ラグビーワールドカップとは?

まずは簡単に歴史からご説明します。

 

ラグビーワールドカップは、

1987年にラグビーの世界一を決める大会として初めて開催されました。

 

これまで日本ではあまり馴染みのないスポーツでしたが、

世界ではオリンピック、サッカーのワールドカップなどに並ぶ

世界3大スポーツ大会の一つとも言われています。

 

今回の大会は第9回目、アジアでは初めての開催!

日本で開催されること自体、とーーーーっても貴重なことでなのです!!

 

ラグビーが強い国

過去の優勝国は以下です。

1987年第1回 ニュージーランド
1991年第2回 オーストラリア
1995年第3回 南アフリカ
1999年第4回 オーストラリア
2003年第5回 イングランド
2007年第6回 南アフリカ
2011年第7回 ニュージーランド
2015年第8回 ニュージーランド

 

ラグビー王国とも言われその歴史が深い

ニュージーランドやオーストラリアが強国です。

 

五郎丸さんの人気で注目度が高まった日本ラグビーは

最新の発表(2019.9.22時点)で世界ランキング10位から9位に浮上したばかり!

世界でも注目度が上昇中なのです。

 

 

まずはこれだけでOK!ルール初級

貴重なラグビーワールドカップが身近で開催されています。

これは応援しないなんてもったいないです!

 

でも、ラグビーのルールはよく知らないし。。。

という方のために、簡単なルールをご説明します。

①試合は15人対15人

②前半40分後半40分 合計80分

(ハーフタイム15分)

③得点

トライ(相手陣の奥にボールを置く)+5点

そのあとのキック+2点

ペナルティキックは+3点

④最もよくある反則とリスタートの方法

ノックオン:前方にボールを落とすこと

スローフォワード:前方にパスをすること

→相手ボールのスクラム(肩を組んで向き合うスタイル)からリスタート

・危険なタックルなど

→重い反則には、相手のペナルティキックでリスタート

 

他にも反則はたくさんありますが

審判の動きがわかると、何が起きているのか観戦していてわかりやすいです。

詳しく紹介しているこちらがおすすめです!

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/rugby-fouls/

 

⑤試合終了のことをラグビーでは『ノーサイド』と呼ぶ

試合が終われば敵も味方もなくなるという意味で

ノーサイドになれば選手同士みんなで健闘を称えあいます。

 

最低限知っていれば試合を見ている内に

どんどん深いルールも知っていけるようになります。

ルールを知ればあっという間に試合が面白くなりますよ。

 

みんなで応援しよう!

 

ラグビーワールドカップ日本開催、もう始まっています。

試合日程はこちら

《引用:公式サイトよりhttps://www.rugbyworldcup.com/

 

大男たちが正々堂々ぶつかり合う姿は大迫力!

命がけの激しいプレイな分、正々堂々と勇ましくあることが必要とされます。

ノーサイドでお互いを称え合う姿は、本当に感動できるスポーツです。

 

この秋はぜひご家族、ご夫婦でラグビーワールドカップを観戦してみてください。

 

《参考サイト》

【公式】ラグビーワールドカップ2019日本大会

https://www.rugbyworldcup.com/

ラグビーワールドカップとは? | J SPORTS【公式】

https://www.jsports.co.jp/rugby/worldcup/about/

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

 

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

コメントは受け付けていません。