• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

令和初のインフルエンザ 流行は目前?!

2019年11月25日 / お片付けお役立ち情報

師走目前の今日この頃、
暖かい日が続いたり急に寒くなったり、、、
体調を崩しやすい気候です。

 

今からの時期、やはり怖いのが
毎年話題になるインフルエンザの流行ですね。

流行る時期もタイプも毎年変化し、
情報は多いものの、何をするべきか迷うところです。

 

今一度、基本的な対策、そして最新の情報を確認しましょう!

 

流行の時期は?

神奈川県での流行、
ここ数年はピークが1月終わりころから2月にかけてという印象でしたが
今年はスタートが早いようです。

 

11月21日発表の報告状況がこちら↓

 

出典:神奈川県衛生研究所ホームページ

 

2月頃のピークを考え、年内にワクチン接種を考えている方も多いと思いますが
スタートが早い今年は、少し急いで接種したほうがいいかもしれません。

特に13歳未満のお子様は2回の接種、2週間の間隔が必要なため要注意です。

 

 

 

インフルエンザの見分け方

まだ流行り始めの最初の時期、

単なる風邪かインフルエンザなのか意外と判断に迷うこともあります。
簡単な違いをまとめてみました。

 

やはり高い熱が続く、というのがポイントです。

発症してすぐに病院に行っても検査で検出できないと思っている方も多いようですが
最近の検査キットは感度が上がり早期でも検出できるため
おかしいなと思ったら、早めに受診した方が良さそうです。

 

 

超基本!だけど大事なインフルエンザ対策

ウイルスが体に入り感染する、
つまりは体に入れないことですよね。

 

手洗いうがい、マスク着用、やはりこれらが基本でしょう。

 

喉の奥まで届かないからうがいが無意味である、
マスクはウイルスを通すから意味がない、
など諸説あるようですが、
手を洗う動作と紐づけて、清潔に保つという習慣を定着させることで
インフルエンザに限らない病気の予防に繋げられます。

 

またマスクは、予防対策はもちろんのこと
すでに症状のある方が飛散防止目的で着用するだけで
周囲に対する予防効果を発揮できると考えられます。

 

手洗いは、数秒水をくぐるだけで洗ったことにしている方が意外と多いそうです。
20~30秒ほどかけて、指の間から手首までしっかりと洗う習慣が必要です。
洗ってるつもりに注意!今一度見直ししてみてください。

 

負けない体づくりも大切

人が持つ免疫力そのものに個体差があることも忘れてはいけません。

 

ウイルスが入っても負けない体にしておけば
インフルエンザにかかりにくく、かかっても重症化することを防げるでしょう。

 

★体力を落とさないように日ごろから運動を心がける
★身体を温める食材を積極的に取り入れる
(過去の記事でしょうがをおすすめしています。→ショウガパワーの記事へ
★腸内環境を整える

 

免疫力を高める生活習慣も、意識して取り入れてみてください。

 

***

 

特に、小さいお子様やご高齢の方は
重症化して他の病気を併発し、命の危険さえあるインフルエンザ。

 

流行の時期や地域での発症情報など、積極的にチェックするようにしましょう。

 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

 

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

コメントは受け付けていません。