• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

「2021年03月」の記事

春こそお片付け!不要になった本を寄付してみませんか

2021年3月24日 / エンジョイ!シニアライフ, お片付けお役立ち情報

本棚整理で新しい風を吹き込みましょう

新生活や新入学の季節になりました。
日増しに温かさが増し、お部屋のお片付けにピッタリのシーズンです!
 
お子さんが大きくなって不要になった絵本やもう読まなくなった本など、
知らぬ間に本棚や物置でスペースをとってしまうことが多いもの。
不要な本を整理すれば、お部屋がスッキリ明るくなります。
 
「まだきれいな状態で捨てるのはもったいない」
「古本屋やフリマアプリで売るのも気が進まない」なら、誰かのために役立ててみませんか。
 
本も長く保管しておくと、
日焼けしたりカビや虫がついてしまったり…。
次に手に取った人が心地よく読めるよう、
思い立ったが吉日です!

 
 

希望に合う寄付先や条件を探す

インターネットで検索してみると、
いろいろな運営団体が本の寄付を受け付け、
国内外の支援に役立てているようです。
 
本の受け付け先によって支援団体を選べたり、
送付する際の冊数制限や送料が異なったりします。
 
また、条件が合えば自宅まで取りに来てくれる場合もあるようなので、
希望に合うものを探してみてください。
 
 

本の寄付を受け付けている団体例

【 チャリボン 】

「こともたちと明るい未来」
「被災地の明日を支える」などのカテゴリから
約160ある支援先を選ぶことができます。
 
支援金額ごとに、どんなことに役立てられるのかも紹介されているので、
具体的なイメージを持って貢献できます。
 

【ありがとうブック】

NPO法人・NGO法人など約20ある支援先から選べ、
本やCD・DVDに加えて、
冷蔵庫や洗濯機も状態によって寄付することができます。
 
寄付品が大量にある場合は、
神奈川県西部のあしがらエリアにも引き取りに来てくれます。
 
 

寄付の際に気を付けること


今回調べた運営団体は、
寄付された本などの買い取りを通じて支援につなげているようです。
 
どんな本でも寄付につながるというわけではなく、
「売れる本」を寄付することが活動の手助けになります。
 

寄付につながらない本とは

・ISBN(国際標準図書番号)がついていない
・シミや傷み、カビなどがついている
 
また、古くなった本や雑誌も買い取りができない場合が多いようなので、
受付先の運営団体に確認をしてみましょう。
 
 

慣れ親しんだ地元の図書館に寄付をする


「まとまった数がないので送付するほどでは…」という場合は、地元の図書館に寄付するという方法もあります。
 
図書館の所蔵スペースに限りがあり、
受入対象資料に制限があるため注意が必要です。
 
次に紹介する地域以外でも受け付けている場合があるので、本を捨ててしまう前に一度確認してもいいですね。
 

小田原市立図書館

新刊図書・郷土資料に関するものを受け入れています。中央図書館には寄贈資料等を自由に置けるリユースコーナーもあるようです。
 

南足柄市立図書館

予約(リクエスト)の多い本や郷土資料に関する本を受け入れているようです。
 
 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

もし、ご自身でお片付けが難しいなら、プロのサポートを利用してみてはいかがですか。
ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。お気軽にご相談下さい。

新しい時代 動物との暮らし

2021年3月10日 / エンジョイ!シニアライフ, お片付けお役立ち情報


 
新型コロナウイルス感染症の影響で
人々の生活は大きく変化しました。
 
おウチ時間が増えたことで
おウチにペットを迎える家庭が増えているそうです。
 
かく言う我が家もそのひとつ。
この冬新しい家族を迎えました。
 
ペットが家族として増え、
お片付けのヒントをたくさん見つけることが出来ました。
 
今回は、
動物の暮らしとお片付けのお話です。
 
 

子猫の動きは予測不可能


我が家にやってきたのは
生後4か月の子猫の兄弟でした。
 
『かわいーーーー』という第1声に続き
『やめてーーーーー!!!』が、第一印象でした。
 
子猫たちは元気いっぱい、
其処かしこに走りこんでいきます。
植木は倒す、狭い隙間に入る、小さなものは口に入れる。。
 
ネコと暮らすのは初めてではないのですが
いきなりの大暴れに驚くことばかり!
 
 

そして必要となった片付け


元々部屋は片づけている方でしたが、
人間では気にならない場所、物の置き方、仕舞い方が
ネコとの暮らしにはNGであることに気が付きました。
 
1.)まさに隅々まで
せまーーーい隙間に入っていき、
埃まみれで飛び出す猫たち。
 
これまで手が届かないと諦めていた家具の隙間も
さまざまなサイズのモップを用意し
掃除するようになりました。
 
2.)飾らないという選択肢
旅先の想い出や好きなキャラクターのグッズなど
小さなものを並べて置いていましたが
次々倒され、あげく食べられるためすべて撤去。
 
無くしてみると
これまで見たことのないスッキリとした情景に驚きました。
飾りたちは引き出しに仕舞って、
たまに眺めるようにします。
 
3.)“ニオイ”もお片付け!
ペットとの暮らしで気になるのが
部屋のニオイ。
いつもいると気が付かないものですが
来客があると気になるものです。
 
ニオイの片付けも、
最近では対策がいろいろあるようです。
 
・ニオイも取ってくれる空気清浄機(大変優秀!)
・シート交換式のトイレシステム(ちょっとコストはかかるけど)
・ニオイを完全シャットアウトするゴミ袋(最新技術!)
などなど、
ホームセンターにいけば便利なものをたくさん発見できます!
 
 

昨今の新常識 ケージの活用

猫は自由な生き物、
家の外も中も、自由に行き来できれば幸せ、
なーんて勝手に思っていましたが
実はそうではないようです。
 
猫は自分のスペースを大事にする生き物で、
それが広いとか狭いとかは関係ないそうです。
 
もちろん、何十年も外で暮らした後、
いきなり狭いケージで過ごすのはつらいですが、
最初からここが自分のスペースだよーと学べば
安心できるそうです。
 
最近では、災害時の避難対策なども考え
ケージで過ごすことに慣れさせる方がいいとも聞きます。
ケージを活用して、
人間もネコちゃんも快適に過ごせるようになりますね。
 

ケージもさまざまなタイプがありますが
トイレも入るサイズが便利なため、結構場所を取ります。
 
あまり使わなくなった大きな家具など
撤去してすっきりと置けるような工夫も必要となるかもしれません。
 
大きな家具の撤去は、ぜひご相談くださいね!
 
 
***
 
 
新しい家族を迎えて
すっかり部屋が様変わりしました。
 
掃除機の回数が格段に増えるなど
生活そのものも変わりました。
 
お掃除のきっかけは
いつ、どんなことが繋がるか、
わかりませんね♪
 
 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。