• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

「2021年09月」の記事

足柄地域の花散策~リコリス・酔芙蓉・サルスベリ

2021年9月16日 / エンジョイ!シニアライフ


9月に入って曇り空が多いせいか、
セミの声からスズムシやコオロギにバトンタッチして
すっかり秋らしくなってきました。
 
秋の訪れを感じる草花を楽しみながら、
のんびり散策が心地よい季節です。
足柄地域で見ごろを迎える、
密を避けながら歩く花めぐりスポットをご紹介します。

 
 

酔芙蓉農道(南足柄市)


道の駅「足柄・金太郎のふるさと」から
山北方面に向かう「ふくざわ公園」の脇の農道に
酔芙蓉700本と芙蓉の花100本が
9月初旬から下旬にかけて見頃を迎えています。
 
朝の咲き始めは白、日中は淡い紅色、夕方は紅色と
時間帯によって色が変わる珍しい花。
 
その様子が酒に酔うようだと
「酔芙蓉」と名付けられたそうです。
 
9月半ばを過ぎたころから、
黄金色に輝く稲穂を背景に
凛と赤い花を咲かすリコリス(彼岸花)との共演も楽しめますよ。
 

■ 酔芙蓉農道 ■
撮影場所:ふくざわ公園(南足柄市千津島1845)付近
(2021.9.13撮影)

 
 

南足柄市運動公園(南足柄市)


酔芙蓉農道の西側に位置する
南足柄市運動公園でも、
これからリコリスが見頃を迎えます。
 
見頃は9月下旬~10月上旬ごろですが、
お彼岸の時期になると
ツボミがニョッキっと伸び、あっという間に咲いて、散ってしまうので、
シャッターチャンスはあっという間です。
 
■ 南足柄市運動公園 ■
住所:南足柄市怒田1734
(2021.9.13撮影)

 
 

おおいゆめの里(大井町)


春には、早咲き桜で彩られる
おおいゆめの里
 
広々とした敷地内の「花木園3」エリアで、
7月下旬ごろから花を咲かせるサルスベリは
もうすぐ見納め。
 
相模湾を見渡す斜面沿いに
白・藤色・紫・赤・ピンクなど、
合計280本が植えられています。
 
散策道の途中には、
どんぐりなどの木の実が落ちていました。
 

 
■ おおいゆめの里 ■
住所:大井町柳265

 
 
***
 
夏の名残を所々に感じながら、
季節はしっかり移り変わっているようです。
 
夏服のままだと、肌寒く感じる日もあるので、
秋の衣替えと一緒に
住まいのお片付けをしてみるのもいいですね。

 
 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

西湘エリアの2市5町(小田原市・南足柄市・大井町・開成町・松田町・山北町・中井町)の一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ宝栄産業が運営する「ありがとう連絡会」では、皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

おウチの粗大ごみ どう捨てる?Vol.1

2021年9月8日 / お片付けお役立ち情報


真夏の暑さがひと段落したら、
お部屋の片づけをしませんか。
 
西湘地区をはじめ、家庭で廃棄される粗大ごみの出し方は、
お住いの自治体によって異なります。
 
部屋の模様替えや引っ越し、遺品整理の際など、
粗大ごみを出す機会は頻繁にはありません。
間違った捨て方や
トラブルに巻き込まれないよう、
粗大ごみの出し方を中心に
ご注意していただきたいポイントを連載でご紹介します。

 
 

そもそも、粗大ごみとは

粗大ごみの分類は、
お住いの自治体によってさまざま。
 
一般的には、家庭から排出される
家具や布団や、カーペットや自転車、机など
定められた寸法や重量の大型のごみを指します。
また、大きさに関わらず粗大ごみになるものや、
自治体では処分できない品目もあり、
意外と複雑です。
 
 

粗大ごみの処分方法

ご家庭から出る粗大ごみの処分方法は、
3通りあります。
 

方法1

各自治体が定める処理場に、
自ら直接持ち込む方法
 

方法2

自治体の担当部署に連絡を入れて
自宅まで戸別収集してもらう方法
 

方法3

自治体から一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた
専門業者に依頼する方法
 
自己搬入や戸別収集の場合、
自治体によって
粗大ごみを出せる曜日や時間、
費用など、それぞれ異なります。
また、戸別収集の場合でも
玄関前など回収しやすい場所まで
移動する必要があるので、
ご自身で運び出せるか確認をしておきましょう。

 
ちなみに「ごみサク」という家庭ごみの分別辞典サイトでは
小田原市・中井町・大井町・松田町など、
自治体ごとに各品目の捨て方などが紹介されています。
品目ごとに細かく記載されているので、
疑問に思ったら気軽に検索できて便利です。

 
 

粗大ごみにならない品目

粗大ごみのサイズ内でも、
テレビやエアコンなどの家電やパソコンなど、
資源の有効利用や廃棄物の削減のため
自治体では受け付けできないものがあります。
(リサイクル品について 詳細はこちら)
 
そのほか、有毒性・危険性のある薬品なども
受け付けができず
購入先などに引き取りを依頼する必要があります。
 
例えば遺品整理など、
住まい丸ごとお片付けが必要といった場合
正しく分類するだけでも
なんだか気が遠くなってきます…。
 
ご自身で処分が大変なら、
各自治体では一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた
専門業者を案内してくれます。
プロに任せれば、面倒な作業もスムーズ!
間違った処分方法でトラブルになることもありません。
 
 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。