• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

健康ウォーキング 熱中症にご注意を!

2020年8月27日 / エンジョイ!シニアライフ


 
まだまだ暑い日が続いています。
連日、熱中症のニュースが絶えませんね。
 
昔に比べると詳しい情報なども多く広まっていますが
改めて熱中症について
特に健康のためにウォーキングなどの習慣がある方へ、
気を付ける点を確認しておきましょう。
 
 

ウォーキング VS 新スタイル


新型コロナウイルスの影響で
生活のさまざまな当たり前が変化してきています。
 
健康のために続けている朝晩のウォーキング、
マスクをしてなるべく肌を露出しないで、、、
運動するには辛い条件がつきまといます。
 
息苦しいだけでなく、マスクで顔を覆えば熱の放出が出来ず
熱中症になるという話も。。。
 
つけるの?外すの?どっち???
コロナのせいで惑わされることばかりに疲れてしまいますね。
 
大切なのは『正しく恐れる』こと。
対処を確実に行えば感染リスクは十分下げられるのです。
 
ウォーキングなら
人とすれ違う時はマスク着用かタオルなどで覆いましょう。
その時、マスクの外側にはウイルスが付着しているので
その面を触らないように気をつける、が大事ですね。
 
あとは帰宅後の手洗いうがいの徹底。
習慣化することで、確実に感染リスクは下げられます。
 
 

とにかくちゃんと水分補給

少しだから、すぐ帰るから、いつものコースだから、近所だから、
手ぶらでウォーキングされている方が結構多いと思います。
 
水分補給グッズを持ちましょう!!
熱中症対策にはとにかく効率的な水分補給が大切です。
 
そもそも、熱中症のなりやすさには“体内水分量”も関係しています。
高齢になると身体の水分割合が少なくなり、
同じ環境にいても高齢な方の方が熱中症になりやすいのです。
 

 
熱中症になった場合の症状も、内臓機能が低下しやすく
重篤にもなりやすいため注意が必要です。
 
出発前の水分補給、
ウォーキング中も15分おきなどこまめに水分を摂りましょう。
喉が渇いてからでは遅いくらいだと思っておいてください。
 
 

気温上昇 環境変化

地球全体の気温は確実に上がり続けています。
今まで高温にならなかった地域も例外ではなくなっています。
お住まいの地域、その周辺や
お出かけ先がどんな温度なのか知ることも対策の一つです。
 

環境省のHPで熱中症予防を目的とした暑さ指標(WBGT)が公開されています。
→→ 環境省HP
 
こういった環境情報は最新のものが有益です。
定期的にチェックすることをお勧めします。

 
***
 
日中はもちろんですが
夜中が最も危険という情報もあります。
 
クーラーはつけっぱなしの方が効率的で
電気代としてもお得なようです。
 
過ごしやすい環境を保って元気に過ごしましょう!
 

 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

コメントは受け付けていません。