• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

「2019年06月」の記事

地震に備える 片付けのすすめ

2019年6月22日 / お片付けお役立ち情報

地震に備える片付けのすすめ

それはある日突然やって来ます。

 

新しい時代、令和がはじまりまだ2か月ほどですが

震度5弱を越える地震がすでに3件も発生しています。

 

南海トラフ地震発生などの恐ろしい予想も多くつぶやかれ

不安な気持ちになりますが、

もしもの時のために、日ごろからできることはたくさんあります。

 

今回は地震などの“災害に備える片付け”について考えてみましょう。

 

 

まずはチェック!

阪神・淡路大震災で被害に遭われた方の多くは

建物の倒壊や家具の転倒が原因と言われています。

 

建物自体の強度は専門家にゆだねるしかありませんが

今からでも自分でできる備えがあります。

 

3つのチェックポイントを確認してみましょう。

□使っていない家具はないか

□寝床のそばに家具や不用品はないか

□ドアや階段、玄関まわりに不用品はないか

 

生活していれば物はどんどん増えていきます。

ライフスタイルの変化で使わなくなったもの、

お子様が小さい頃に使っていたもの、

なんとなくしまっているなーというものが多いです。

 

まずはそれを把握するところからはじめましょう。

 

 

大小大きさはいろいろありますが、

家具は一度買うとなかなか捨てることはありません。

 

しかし、中身をすべて把握していますか?

 

場所があればなんとなくそこにしまってしまうのが人間です。

“使っていないものばかりが入った”家具があれば

そもそもそれが必要かどうか見直してみましょう。

 

 

何が “どこ” にあるかが生死を分ける?

地震が昼間に来るとは限りません。

寝ている時に大きな地震が起き、周りのものが倒れてきた、、、

そんな状況で逃げられる人は一人もいません。

 

寝床のそばに危険なものがなければ、そのリスクを回避できます。

倒れてくるような位置に家具や不用品がないか、

今一度確認しておきましょう。

 

使っていないなら手放すことも一案ですが

生活が困るほどものを処分するわけにはいきません。

大きな家具でも活躍しているものは

固定具などを使ってしっかり備えましょう。

 

 

何が“どこ”にあるか、

もう一つ大切なのが逃げ道の確保です。

倒壊までは至らなくても、建具が歪み閉じ込められるようなケースも起こります。

 

ドアや階段、玄関まわりに日常的に不用品が置かれていませんか?

置き場が決まっていないものを一時置きすると

次第にその場にあるのが当たり前になってしまいます。

もしもの時、こんなところに置いてなければ・・・

となる前に、使うものには片づける場所を決めそこに戻すようにしましょう。

 

 

 

小さくはじめて 大きく頼む

片づけないとー・・・と思っていても、

なかなか重い腰があがらないのはみんな一緒です。

 

おすすめの片付け方法は“小さく”はじめること。

 

今日はここの引き出しの中だけ、

次は自分の夏服だけ、庭の植木周りだけ、など

範囲やジャンルを小さく区切ります。

 

少しずつ片付いていくと小さな達成感が得られ、

振り返るとそれが積もっていきます。

 

 

小さく見直していく片付けを繰り返す中で

大きな家具や不用品に気づけるようになります。

 

長年の蓄積を思い切って一気に片づけたい!

そんな時こそ“片付けのプロ”にお任せください。

さまざまなケースに対応できる

無料相談を行っております。

 

また、大きな不用品を片づける事例はこちらをご参照ください。

http://www.ariga-10.jp/02_ex-work/

 

 

いつ起こるかわからない自然災害。

家族や仲間を守れるのは、日々の備えです。

 

小さな一歩でも、今できることからはじめましょう。

 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

 

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

あじさい・花菖蒲 あしがら初夏のパープルリレー

2019年6月5日 / エンジョイ!シニアライフ

 

春には桜を楽しみ、

優しい菜の花も凛としたバラも美しい。

自然いっぱいのあしがら地域にはおでかけスポットがつきません。

次なるお楽しみは“紫色”のバトンリレーです。

 

梅雨の時期に差し掛かり雨の日も多くなると

お出かけするのも少し億劫に感じられますが、

この時期だからこそ楽しめるのが

“紫陽花 あじさい” と “花菖蒲 はなしょうぶ”です。

 

温暖な県西地域では5月下旬から花菖蒲が咲き始めます。

6月に入ると紫陽花が咲き始め

気温の低い箱根方面では7月下旬まで長く楽しめます。

 

今回は6月からはじまるイベントをご紹介します!

 

楽しみをギュッと!開成のあじさいまつり

 

毎年恒例の開成町あじさいまつり。

今年もイベント盛りだくさんです。

 

猿回し大道芸など観て楽しめるものはもちろん、

人気コメディアンの方が登場したり

ミニ電車にも乗って遊べます。(雨天時延期あり)

 

このお祭りの特徴は

なんといっても地域が一丸となって盛り上げようとしているところ。

 

地元の保育園・幼稚園児たちの可愛らしい発表の場から

高校生たちによるダンス、音楽の本格的な披露まで

地域ならではの出し物が会期中目白押し!

 

大人気ゆるキャラ“あじさいちゃん”のお誕生日会には

周辺地域のゆるキャラたちがお祝いに駆け付けます。

 

また会場では

開成町産の米と弥一芋で作られた里芋焼酎やいちろう、

地場産の野菜、あじさいちゃんのオリジナルグッズなどなど

お土産に嬉しい開成町の特産品も種類豊富に販売しております。

 

紫陽花とイベントを満喫したあとは

ここでしか食べられないグルメも楽しんでくださいね!

——————————————–

開成町あじさいまつり

2019年6月1日(土)~9日(日)

http://kaisei-ajisai.com/

 

 

Wで楽しめる小田原城あじさい花菖蒲まつり

 

小田原城本丸東堀には花菖蒲園があります。

先に咲く花菖蒲に続き追いかけるように紫陽花も咲き始め、

まさに紫色のバトンリレーが美しい季節を迎えます。

 

夜にはライトアップの演出もあり

2種類の美しさが割増しで楽しめる貴重な時期でもあります。

 

さらに会期中の土日曜日は、小田原城天守閣の開館時間が19時まで延長されます。

梅雨時期の憂鬱を吹き飛ばす幻想的な街並みを楽しめるチャンス。

花菖蒲と紫陽花の共演をお楽しみください。

——————————————–

小田原城あじさい花菖蒲まつり

2019年6月1日(土)~16日(日)

https://odawaracastle.com/index.php?burl=event/ajisai-shobu.html

 

 

ゆらゆら楽しむ箱根登山鉄道あじさい電車

 

箱根登山鉄道沿線のあじさいは、6月中旬頃から咲き始めます。

この時期に運行する車両は車窓からあじさいを楽しめるため

「あじさい電車」として親しまれています。

 

標高が低いところから高いところへと

箱根のあじさいは順番に見ごろがバトンされていくため、

6月中頃から7月の中頃まで長い期間楽しめるのが特徴です。

 

昼間のあじさいと夜間のあじさいで楽しみがまた違うのも魅力。

2019年6月15日(土)~7月2日(火)の期間、

『夜のあじさい号』が臨時運転するそうです。

ライトアップで幻想的な姿に変化するあじさいを独り占め気分で味わえます。

(夜のあじさい号は予約が必要です。詳しくは下記HPでご確認ください。)

 

 

——————————————–

箱根登山鉄道 あじさい電車

6月中旬~7月下旬頃

https://www.hakone-tozan.co.jp/sightseeing/index.html

 

 

いかがでしたか?

自然いっぱいの県西地域、

パープルリレーは長い期間楽しめます。

 

あじさいを満喫したあとは

雨が多くなる前の梅雨対策お掃除がおすすめです。

こちらの記事もご参照ください。

http://ariga-10.jp/07_blog/2019/05/24/tuyu-cleaning/

 

 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

 

ありがとう連絡会では皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。