• お問合せはお気軽に
  • お問合せはお気軽に

《空き家》放置していませんか?

2022年5月10日 / お片付けお役立ち情報


 
少子高齢化や核家族化が進み、
全国的に空き家の増加が問題になっています。
 
神奈川県の空き家の戸数は、
平成30年時点では全国で3番目に多く、
ちょうど県西部の相模湾沿岸地域や丹沢の麓地域などで
空き家率が高く、他人事ではありません。
平成30年 総務省:住宅・土地統計調査より

 
当社でも、遺産相続によって引き継いだ
空き家のお片付けのご依頼など承っています。
 
今回は、空き家を放置するリスクについてご紹介します。

 
 

固定資産税が跳ね上がり、強制解体も

人が住まなくなった空き家は
どうしても換気や掃除の機会が減るため、
カビが発生しやすくなり
壁や床、家具を傷め、シロアリの被害も出やすくなります。
 
倒壊などの危険性が高まると「特定空き家」に指定され、
固定資産税の優遇措置が受けられなくなり
さらには、自治体の指導や勧告に従わない場合、
強制的に補修や解体が行われてしまうこともあります。
もちろん、その費用は所有者負担となります。
 
このほかにも、空き家を放置することで
・維持・管理費、固定資産税の支払い
・放火、倒壊、不法侵入、不法投棄物の恐れ
など、様々なリスクが高まります。
 

 
 

家財の整理はお早めに

空き家の税金が上がるのは、
建物を解体して更地にした翌年、
または「特定空き家」に指定された翌年からです。
 
空き家の売却や賃貸を選択肢に考えられているのなら、
室内の家財が残ったままですと
内部の痛みが進行しやすくなるため、
できるだけ早く整理されることをお勧めします。
 
当社では、生前整理や遺品整理のほか、
思い出の品のお焚き上げも対応いたします。
お焚き上げについて、関連記事はこちら
 
ぜひ一度ありがとう連絡会までご相談ください。
 

 
 

お部屋の片付けから相続の法律相談までシニアライフをトータルにサポート!

「ありがとう連絡会」では、西湘エリアの2市5町(小田原市・南足柄市・大井町・開成町・松田町・山北町・中井町)の一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ宝栄産業が運営。
荷物の量や処理方法を判断して、無料でお見積りを作成いたします。
また、皆さまの終活・相続・お片付けに関するお悩みをお聞きし、多面的にお手伝いいたします。 お気軽にご相談下さい。

コメントは受け付けていません。